主婦と交通事故

主婦(以下、主夫を含みます)が交通事故によってケガをした場合、主婦業をおこなう者として休業損害や逸失利益等を請求することが認められています。

この主婦は、専業主婦および兼業主婦を問いません。

主婦には、休業損害を支払わないまたは休業損害を支払うとしても自賠責基準の1日あたり5,700円しか支払わないといった保険会社があります。

主婦の家事労働は、年収にして約350万円(1日あたり約9,500円)の金銭価値があるとして、最高裁判所の判例が主婦の休業損害を認めています。

 

主婦の休業損害

交通事故に遭ってケガをした場合、治療のため病院へ入院または通院することとなります。

主婦が交通事故の治療のため病院への入院または通院を余儀なくされた場合、当然、家事に費やせる時間は減少します。

交通事故によるケガのため、受傷箇所やその付近の痛みや痺れまたは手足を思うように動かせないといった症状があれば、主婦業務(家事全般)に相当の支障がでてしまいます。

このような理由から、主婦業務の支障に対する休業損害が認められています。

専業主婦の休業損害

休業損害の金額は、賃金センサスと呼ばれる賃金に関する統計資料を基準に算出します。

昭和50年におこなれた最高裁判所における判決では、主婦の賃金が侵害された場合、賃金センサスの「産業計・企業規模計・学歴計・女性労働者」の全年齢平均の賃金額を基準にして計算すると述べられています。

賃金センサスの金額は、年ごとに多少の変動はありますが、主婦の年収は約350万円となります。

主婦の年収を1日あたりの金額に換算すると、約9,500円(350万円÷365日)となります。

1日あたり9,500円として、休業した日数を乗じた金額を主婦の休業損害として請求することができます。

兼業主婦の休業損害

兼業主婦の場合、お仕事による実収入と賃金センサスの「産業計・企業規模計・学歴計・女性労働者」の全年齢平均の賃金額を比較します。

兼業主婦の実収入が、賃金センサスの「産業計・企業規模計・学歴計・女性労働者」の全年齢平均の賃金額を上回っている場合は、実収入の金額をもとに休業損害を計算することとなります。

反対に兼業主婦の実収入が、賃金センサスの「産業計・企業規模計・学歴計・女性労働者」の全年齢平均の賃金額を下回っている場合については、賃金センサスの金額をもとに休業損害を計算することとなります。

 

主婦の後遺障害等級認定と逸失利益

交通事故によるケガをした主婦が、治療を継続していたにもかかわらず完治することなく後遺障害が残ってしまった場合、当然、後遺障害の等級に応じた保険金額を請求できます。

最高裁判所によって賃金が認められている主婦業務について、交通事故の後遺障害による影響として労働能力が減少することによる収入の減少が考えられます。
主婦の逸失利益についてを請求することができます。

主婦の収入は、年間約350万円とみなされ、その収入をもとに後遺障害の程度に応じて逸失利益を請求することとなります。

交通事故でむち打ち症状となった主婦が、後遺障害12級13号または後遺障害14級9号と認められ、労働能力喪失期間5年だった場合における後遺障害保険金および逸失利益の金額は、次のとおりです。

 

逸失利益の計算方法

主婦の逸失利益=年収×労働能力喪失率×ライプニッツ係数

 

後遺障害等級 12級13号 14級9号
年収 350万円
後遺障害保険金 224万円 74万円
労働能力喪失率 14% 5%
労働能力喪失期間5年によるライプニッツ係数 4.329
逸失利益 約212万円 約75万円

 

交通事故に詳しい専門家とは?

交通事故に関する業務を専門的に取り扱っていない場合、交通事故が惹き起こす身体への外傷などについて、あまり詳しくないのは仕方のないことかもしれません。

交通事故を取り扱う専門家と謳う者であっても、交通事故によって受傷する各種の傷病に精通しているとは限りません。

交通事故に詳しい専門家とは、交通事故による治療当初から画像や各種検査の結果、医師の診断などの多角的所見をもとに、適切な後遺障害の等級認定を見据えた治療や検査内容の実施について、被害者やそのご家族に加え治療に携わる医師に対し提案できる者のことです。

後遺障害の等級が認定されなかった場合、敏腕弁護士であってもその後の慰謝料や交通事故被害による逸失利益などを定める示談交渉や裁判手続きにおいて、納得できる結果を導き出すことはとても難しいです。

神戸の交通事故被害者応援団では、被害者の利益確保を第一の目標とし、その後の示談交渉や裁判手続きにおいて納得いく結果を導く後遺障害等級の認定に向け、全力で被害者およびそのご家族をサポートいたします。

後遺障害の等級認定申請の代行が完了した後の手続きについては、神戸の交通事故被害者応援団の業務に対する考え方に賛同してくださる交通事故専門弁護士へ被害者のサポートをお願いしています。

 

お問い合わせ

神戸の交通事故被害者応援団は、交通事故に関する無料相談を実施しています。お気軽にご連絡ください。

無料相談のご予約をいただいた場合、休日・営業時間外を問わず対応いたします。

お電話によるお問い合わせ

078-570-5625

無料相談受付 平日 9:00~18:00

 

交通事故についてご連絡ください

オーダーフォームはこちら

24時間以内にお返事いたします

 

 

神戸の交通事故被害者応援団

交通事故に遭うと慰謝料の請求や後遺障害認定に向けた手続きに加え事故車両の修理や廃車の手配等、被害者が行わなければならないことが多く、身体的・精神的な不安を抱いてしまうことがあります。

交通事故により被害を受けたみなさまが治療に専念できるよう、交通事故に関する煩わしい手続きを専門家が全力でサポートいたします。

 

兵庫県神戸市近郊で交通事故被害にお悩みの方、ご連絡お待ちしています。

 

神戸の交通事故被害者応援団の特徴

神戸の交通事故被害者応援団の6つの特徴 特徴①交通事故を専門に取り扱う行政書士が完全サポート すべてのお客さまに対し、「神戸の交通事故被害者応援団」の代表行政書士がご相談から手続終了まで、責任をもって完全サポートいたします。 特徴②お客さまにご指定いただいた場所に訪問いたします お客さまに訪問の手間を取らせません!お客さまのご自宅又はご指定の場所まで訪問いたします(兵庫県)。 特徴③相談・出張・見積が0円!ご相談に費用はかかりません ご相談・訪問・見積に費用は一切かかりません。ご相談内容・サービス内容・料金全てに納得いただけましたら、お申込みください。 特徴④明確でわかりやすい料金体系 必ずお申込前にサービス内容をご説明し、見積書をお渡しいたします。「トータルでいくら?」ではなく、個々のサービスについて料金を提示いたします。 特徴⑤お客さまに安心いただけるサービスをご提供 お客さまのために交通事故の業務を行う事務所ではなく、お客さまの立場で安心いただけるサービスを提供し、早期問題解決に向けお手伝いいたします。 特徴⑥弁護士事務所と提携して最後までしっかりサポート 業務提携先の交通事故に強い弁護士事務所と「神戸の交通事故被害者応援団」が事故直後の各調査から示談交渉までフルサポートいたします。

 

アクセス

神戸の交通事故被害者応援団 ウェーブ行政書士事務所

もしも交通事故に遭ってしまったら 神戸の交通事故救済応援団にお任せください 人身事故、物損事故、慰謝料請求、後遺障害申請、損害賠償請求、修理、廃車などを徹底サポート! 出張料・相談料 無料 受付時間 平日9時~18時 夜間・休日 対応可 078-570-5625 行政書士不在時は携帯電話へ転送されます

このページの先頭へ