人身事故が発生した場合、刑事事件として事故直後に警察により実況見分がおこなわれます。 その結果を書面にしたものを実況見分調書といいます。 実況見分とは、交通事故現場を検証することです。 実況見分調書は、主に以下の内容が記載された後、交通事故現場の見取り図や写真などが添付され、作成されます。 実況見分をおこなった日時・場所・立会人名 現場道路の状況(路面の乾燥具合・交通規制の有無など) 運転車両の状況(車両番号・損害の部位、程度、状況など) 立会人の指示説明(相手を発見した地点・ブレーキを踏んだ地点・衝突地点など) 作成された実況見分調書を確認すると事故の状況が分かることから、刑事裁判において最も重要な証拠の一つとされています。 示談交渉や民事裁判において、双方の過失割合を決める際の重要な証拠となります。 実況見分に立ち会うときの注意店 実況見分調書は、刑事裁判だけではなく示談交渉や民事裁判において重要な証拠になるものです。 加害者・被害者のどちらの立場であっても、警察のよりおこなわれる実況見分には必ず立ち会うようにしてください。 実況見分に立ち会うときには、以下の点に注意してください。 冷静に事故発生時の状況を思い出し、お互いの位置関係や速度などを警察官に正確に説明します。 被害者と加害者との間で説明内容に食い違いが生じることがありますが、安易に妥協するのではなく、真実を実況見分調書に記載してもらえるよう説明します。 警察官に説明した内容が、実況見分調書に正確に記載されているかどうか、忘れずに認します。 事故状況の意見が食い違っているとき よくいただく質問に、「交通事故が発生した状況について、相手方との主張に食い違いがあるけど、どうしたらいいでしょうか?」があります。 非日常的な交通事故の発生により、冷静な判断ができなくなっている場合や交通事故が発生する瞬間の記憶がない場合など、交通事故当事者双方の意見が食い違うことはよくあります。 このように事故の発生状況について事故当事者双方の意見が違う場合、どうすれば良いのでしょうか。 まず第一に考えられるのは、交通事故現場を調査することですが、時間や日数の経過により事故現場の証拠が消滅していくことが多く、時間が経過している場合の証拠保全方法としてお勧めできません。 やはり、事故発生直後に警察官によりおこなわれた実況見分を記録した実況見分調書を確認することが一番確実な方法だと考えられます。 交通事故(人身事故)が発生したとき、その事故現場を管轄する警察が実況見分をおこないます。 警察の実況見分では、事故現場で位置関係などを確認し、それらの情報を「交通事故現場見取図」といわれる図面を作成し、事故の状況を記載した「実況見分調書」を作り、交通事故の当事者双方に話を聞いて「供述調書」を作成します。 「交通事故現場見取図」「実況見分調書」「供述調書」を合わせて「刑事記録」と呼ばれます。 例外的に警察の実況見分時に被害者が救急車で運ばれ不在の場合など、加害者の意見に基づき作成されるため、全ての掲示記録が正確とはいえないこともありますが、原則として信頼できる資料といえます。 刑事記録(実況見分調書)を謄写できる者は、当事者(または当事者の代理人である弁護士)に限られています。 刑事記録(実況見分調書)の謄写には、「交通事故証明書」が必要です。 まず、交通事故証明書の「事故照会番号」の欄に管轄の警察署と事故照会番号が記載されています。 交通事故証明書に記載されている警察署に電話をかけ、交通事故証明書に記載されている「発生日時」「発生場所」「加害者の氏名と生年月日」を伝え、刑事記録を知りたい事故が「どこの検察庁に」「いつ」「第何号の送検番号」で送致されたかを確認します。 交通事故証明書の記載内容を伝え、警察署に送検番号等を教えてもらうという流れとなります。 【注意】 上記した「警察署への送検番号等の確認方法」について、近時、個人情報保護に関する通達が出されたことを受け、たとえ被害者本人であっても「電話による送検番号等の教示」を拒まれることがあります。 窓口への伝達の遅れから、未だ電話で対応してくれる警察署もありますが、今後、すべての窓口において「電話による送検番号等の教示」を受けることができなくなります。 警察署から「電話による送検番号等の教示」を拒まれた場合、被害者本人が交通事故証明書に記載されている警察署まで身分証明書・交通事故証明書を持参し、送検番号等を確認しなければなりません。 その後、送検された検察庁に連絡し「○○警察署(送検番号等を確認した警察署)から送検番号○番で送致された○○○(加害者名)、○月○日生れに関する事件について、記録を閲覧・謄写したい」と申し出れば、検察庁が対応してくれます。 実況見分調書の閲覧とは、実況見分調書の原本を確認することです。 実況見分調書の謄写とは、原本を複写(コピー・写真撮影)した副本が手渡されることです。 掲示記録の閲覧・謄写については、検察庁により以下のように対応がさまざまなため、確認が必要です。 一度、検察庁まで申込みに行けば、後日副本がもらえる 電話で予約すれば、当日検察庁で副本がもらえる 副本の作成は認めないが、写真に収めることは認める 謄写を認めず、その場で書き写すことは認める

人身事故が発生した場合、刑事事件として事故直後に警察による実況見分がおこなわれます。

その結果を書面にしたものは、「実況見分調書」と呼ばれます。

実況見分とは、交通事故現場を検証することです。


実況見分調書は、主に以下の内容が記載された後、交通事故現場の見取り図や写真などが添付され、作成されます。

  • 実況見分をおこなった日時・場所・立会人名
  • 現場道路の状況(路面の乾燥具合・交通規制の有無など)
  • 運転車両の状況(車両番号・損害の部位、程度、状況など)
  • 立会人の指示説明(相手を発見した地点・ブレーキを踏んだ地点・衝突地点など)

作成された実況見分調書を確認すると事故の状況が分かることから、刑事裁判において最も重要な証拠の一つとされています。

示談交渉や民事裁判において、双方の過失割合を決める際の重要な証拠となります。

神戸の交通事故救済応援団お問い合わせバナー 交通事故の被害に遭ってしまったら… 人身事故、物損事故、慰謝料請求、後遺障害申請、損害賠償請求、自動車の修理・廃車などを徹底サポート! 事前に予約をいただいた場合、休日・時間外も対応いたします 交通事故被害に関する無料相談はこちら

実況見分に立ち会うときの注意店

実況見分調書は、刑事裁判だけではなく示談交渉や民事裁判において重要な証拠になるものです。

加害者・被害者のどちらの立場であっても、警察のよりおこなわれる実況見分には必ず立ち会うようにしてください。

実況見分に立ち会うときには、以下の点に注意してください。

  • 冷静に事故発生時の状況を思い出し、お互いの位置関係や速度などを警察官に正確に説明します。
  • 被害者と加害者との間で説明内容に食い違いが生じることがありますが、安易に妥協するのではなく、真実を実況見分調書に記載してもらえるよう説明します。
  • 警察官に説明した内容が、実況見分調書に正確に記載されているかどうか、忘れずに認します。

神戸の交通事故救済応援団お問い合わせバナー 交通事故の被害に遭ってしまったら… 人身事故、物損事故、慰謝料請求、後遺障害申請、損害賠償請求、自動車の修理・廃車などを徹底サポート! 事前に予約をいただいた場合、休日・時間外も対応いたします 交通事故被害に関する無料相談はこちら

事故状況の意見が食い違っているとき

よくいただく質問に、「交通事故が発生した状況について、相手方との主張に食い違いがあるけど、どうしたらいいでしょうか?」があります。

非日常的な交通事故の発生により、冷静な判断ができなくなっている場合や交通事故が発生する瞬間の記憶がない場合など、交通事故当事者双方の意見が食い違うことはよくあります。

このように事故の発生状況について事故当事者双方の意見が違う場合、どうすれば良いのでしょうか。

まず第一に考えられるのは、交通事故現場を調査することですが、時間や日数の経過により事故現場の証拠が消滅していくことが多く、時間が経過している場合の証拠保全方法としてお勧めできません。

やはり、事故発生直後に警察官によりおこなわれた実況見分を記録した実況見分調書を確認することが一番確実な方法だと考えられます。

交通事故(人身事故)が発生したとき、その事故現場を管轄する警察が実況見分をおこないます。

警察の実況見分では、事故現場で位置関係などを確認し、それらの情報を「交通事故現場見取図」といわれる図面を作成し、事故の状況を記載した「実況見分調書」を作り、交通事故の当事者双方に話を聞いて「供述調書」を作成します。

「交通事故現場見取図」「実況見分調書」「供述調書」を合わせて「刑事記録」と呼ばれます。

例外的に警察の実況見分時に被害者が救急車で運ばれ不在の場合など、加害者の意見に基づき作成されるため、全ての掲示記録が正確とはいえないこともありますが、原則として信頼できる資料といえます。

刑事記録(実況見分調書)を謄写できる者は、当事者(または当事者の代理人である弁護士)に限られています。

刑事記録(実況見分調書)の謄写には、「交通事故証明書」が必要です。

まず、交通事故証明書の「事故照会番号」の欄に管轄の警察署と事故照会番号が記載されています。

交通事故証明書に記載されている警察署に電話をかけ、交通事故証明書に記載されている「発生日時」「発生場所」「加害者の氏名と生年月日」を伝え、刑事記録を知りたい事故が「どこの検察庁に」「いつ」「第何号の送検番号」で送致されたかを確認します。

交通事故証明書の記載内容を伝え、警察署に送検番号等を教えてもらうという流れとなります。

【注意】 上記した「警察署への送検番号等の確認方法」について、近時、個人情報保護に関する通達が出されたことを受け、たとえ被害者本人であっても「電話による送検番号等の教示」を拒まれることがあります。 窓口への伝達の遅れから、未だ電話で対応してくれる警察署もありますが、今後、すべての窓口において「電話による送検番号等の教示」を受けることができなくなります。 警察署から「電話による送検番号等の教示」を拒まれた場合、被害者本人が交通事故証明書に記載されている警察署まで身分証明書・交通事故証明書を持参し、送検番号等を確認しなければなりません。

その後、送検された検察庁に連絡し「○○警察署(送検番号等を確認した警察署)から送検番号○番で送致された○○○(加害者名)、○月○日生れに関する事件について、記録を閲覧・謄写したい」と申し出れば、検察庁が対応してくれます。

実況見分調書の閲覧とは、実況見分調書の原本を確認することです。

実況見分調書の謄写とは、原本を複写(コピー・写真撮影)した副本が手渡されることです。

掲示記録の閲覧・謄写については、検察庁により以下のように対応がさまざまなため、確認が必要です。

  • 一度、検察庁まで申込みに行けば、後日副本がもらえる
  • 電話で予約すれば、当日検察庁で副本がもらえる
  • 副本の作成は認めないが、写真に収めることは認める
  • 謄写を認めず、その場で書き写すことは認める

お問い合わせ

神戸の交通事故被害者応援団は、交通事故に関する無料相談を実施しています。お気軽にご連絡ください。

無料相談のご予約をいただいた場合、休日・営業時間外を問わず対応いたします。

お電話によるお問い合わせ

078-570-5625

無料相談受付 平日 9:00~18:00

 

交通事故についてご連絡ください

オーダーフォームはこちら

24時間以内にお返事いたします

 

神戸の交通事故被害者応援団

交通事故に遭うと慰謝料の請求や後遺障害認定に向けた手続きに加え事故車両の修理や廃車の手配等、被害者が行わなければならないことが多く、身体的・精神的な不安を抱いてしまうことがあります。

交通事故により被害を受けたみなさまが治療に専念できるよう、交通事故に関する煩わしい手続きを専門家が全力でサポートいたします。

兵庫県神戸市近郊で交通事故被害にお悩みの方、ご連絡お待ちしています。

 

神戸の交通事故被害者応援団の特徴

神戸の交通事故被害者応援団の6つの特徴 特徴①交通事故を専門に取り扱う行政書士が完全サポート すべてのお客さまに対し、「神戸の交通事故被害者応援団」の代表行政書士がご相談から手続終了まで、責任をもって完全サポートいたします。 特徴②お客さまにご指定いただいた場所に訪問いたします お客さまに訪問の手間を取らせません!お客さまのご自宅又はご指定の場所まで訪問いたします(兵庫県)。 特徴③相談・出張・見積が0円!ご相談に費用はかかりません ご相談・訪問・見積に費用は一切かかりません。ご相談内容・サービス内容・料金全てに納得いただけましたら、お申込みください。 特徴④明確でわかりやすい料金体系 必ずお申込前にサービス内容をご説明し、見積書をお渡しいたします。「トータルでいくら?」ではなく、個々のサービスについて料金を提示いたします。 特徴⑤お客さまに安心いただけるサービスをご提供 お客さまのために交通事故の業務を行う事務所ではなく、お客さまの立場で安心いただけるサービスを提供し、早期問題解決に向けお手伝いいたします。 特徴⑥弁護士事務所と提携して最後までしっかりサポート 業務提携先の交通事故に強い弁護士事務所と「神戸の交通事故被害者応援団」が事故直後の各調査から示談交渉までフルサポートいたします。

アクセス

神戸の交通事故被害者応援団 ウェーブ行政書士事務所

もしも交通事故に遭ってしまったら 神戸の交通事故救済応援団にお任せください 人身事故、物損事故、慰謝料請求、後遺障害申請、損害賠償請求、修理、廃車などを徹底サポート! 出張料・相談料 無料 受付時間 平日9時~18時 夜間・休日 対応可 078-570-5625 行政書士不在時は携帯電話へ転送されます

このページの先頭へ