神戸の交通事故被害者応援団のブログ「神戸の交通事故奮闘記」へお越しいただきありがとうございます。

 

交通事故により被害を受けた方の後遺障害等級認定申請の代行などを専門業務にしている行政書士の松井昭一です。

 

神戸の交通事故奮闘記では、

  • 交通事故により怪我をして治療に専念している方
  • 後遺障害の申請を考えている方
  • 交通事故に関する予備知識が知りたい方

 

上記の方々の一助となるような交通事故に関するポイントをご紹介していきたいと思います。

 

今回は、交通事故と実況見分調書の関係についてご紹介いたします。

 

交通事故と実況見分調書

今回ご紹介する内容は以下の通りです。

実況見分調書とは

現場検証時の注意点

主張の食い違い

 

 

実況見分調書とは

実況見分調書ってなに?

交通事故が発生した通報を受けた警察は、交通事故現場の検証を刑事事件として行います。

 

交通事故現場の検証(現場検証)は実況見分と呼ばれます。

 

実況見分結果を書面にしたものが、実況見分調書です。

 

実況見分調書には、主に以下の内容が記載されています。

  • 実況見分情報
  • 現場道路の状
  • 運転車両の状況
  • 立会人の指示説明

 

実況見分情報

交通事故に関する次の情報が、実況見分調書に記載されます。

  • 実況見分が実施された日時
  • 実況見分が行われた場所
  • 実況見分に立ち会った警察職員の氏名
  • 実況見分調書を作成した警察職員の氏名

 

現場道路の状況

交通事故現場付近の次の状況が、実況見分調書に記載されます。

  • 路面の乾燥具合
  • 交通規制の有無

 

運転車両の状況

交通事故当事者が運転していた車両における次の内容が、実況見分調書に記載されます。

  • 車両番号
  • 損害の部位や程度
  • 損害の状況

 

立会人の指示説明

実況見分の立会人による交通事故を説明する次の内容が、実況見分調書に記載されます。

  • 相手を発見した地点
  • ブレーキを踏んだ地点
  • 衝突地点

 

記載された実況見分調書には、交通事故現場の見取図や写真などが添付され作成されます。

 

作成された実況見分調書を確認すれば、正確な交通事故の状況を知ることができます。

 

そのため、実況見分調書は刑事裁判において最も重要な証拠の一つとされています。

 

また、双方の過失割合を決める示談交渉において重要な資料となります。

 

実況見分調書の取得権者

刑事事件の記録として警察職員によって作成する実況見分調書の性質上、謄写や転記できる者は本人または代理人弁護士に限られています。

 

実況見分調書は、地方検察局で取得することができます。

 

実況見分調書の取得とご紹介していますが、実況見分調書原本を取得することはできないため、謄写(複写・コピー)や転写(写真に収める)、転記(書き写す)することとなります。

 

実況見分調書閲覧予約

実況見分調書の閲覧や取得するときは、事前に地方検察局に予約しなければなりません。

 

地方検察局への実況見分調書閲覧予約に必要なものは、次の通りです。

  • 交通事故情報
  • 送検番号
  • 送致先検察局名

 

交通事故情報

実況見分調書閲覧予約に必要な交通事故情報は、次の通りです。

  • 加害者・被害者の氏名及び生年月日
  • 交通事故発生日時
  • 交通事故発生場所

 

送検番号

送検とは、警察から検察に事件の手続きが送られることで、送検番号とは、その事件を管理するため付された番号のことです。

 

送致先検察局名

交通事故に関する手続きが警察から検察に送致された際、警察および検察から手続きが送致された旨を連絡してくれることはありません。

 

そのため、実況見分調書がどこの地方検察局へ送致されたのか、本人または代理人弁護士が交通事故管轄警察署から直接情報収集しなければなりません。

 

交通事故管轄警察署で収集した地方検察局へ、実況見分調書閲覧予約をすることとなります。

 

交通事故証明書に記載されている警察署へに向かい、交通事故証明書に記載されている発生日時、発生場所、加害者の氏名と生年月日、実況見分調書閲覧予約をする旨を交通課の窓口に伝えます。

 

すると、刑事記録を知りたい事故がどこの検察局に、いつ、第何号の送検番号で送致された旨について回答してくれるので送致先検察局、送致日時、送検番号を控えます。

 

 

交通事故管轄警察署より収集した情報をもとに地方検察局へ実況見分調書閲覧の予約をおこないます。

 

実況見分調書閲覧・謄写時の注意

地方検察局への実況見分調書閲覧を予約した後、予約日に地方検察局において実況見分調書閲覧等をおこないます。

 

地方検察局における実況見分調書の閲覧・謄写をおこなう際、持参するものは次の通りです。

  • 交通事故証明書
  • 身分証明書
  • 筆記具
  • 印章
  • 複写代金

 

交通事故証明書

交通事故証明書は、交通事故の相手方任意保険会社に対し、交通事故証明書の発行を依頼すれば入手できます。

 

神戸の交通事故被害者応援団へご依頼いただいた場合、業務受任後直ちに相手方任意保険会社に対し交通事故証明書の発行を依頼いたしますので、特に何もすることはありません。

 

身分証明書

自動車運転免許証など、実況見分調書の閲覧・謄写を希望する者について、確実に判別できるよう顔写真付きの身分証明書の提示を求められます。

 

実況見分調書について閲覧・謄写を希望する者が未成年者である場合、未成年者とその法定代理人それぞれについて、顔写真付きの身分証明書の提示を求められることがあります。

 

筆記具

実況見分調書の閲覧・謄写について希望する者の情報および交通事故証明書に記載される事故照会番号を記入するため必要です。

 

容易に修正および改ざんできるフリクションタイプの筆記具は認められていないため、注意が必要です。

 

筆記具は、ほとんどの地方検察局において貸し出ししていますが、時間短縮のため、使い慣れたものを持参してください。

 

印章

印章とは、いわゆるハンコのことです。

 

実況見分調書を閲覧・謄写する際、実印を押印することまでは要求されておらず認印で構いません。

 

ただし、朱肉を必要としないスタンプインクタイプの印章の使用は認められていません。

 

複写代金

実況見分調書原本の取得は認められず、謄写(複写・コピー)や転写(写真に収める)、転記(書き写す)したものを取得することとなります。

 

実況見分調書の謄写に必要な複写代金(コピー代金)については、実況見分調書取得を希望する者が負担しなければなりません。

 

実況見分調書の複写代金は、1部20~50円と地方検察局により違います。

 

事前に実況見分調書複写代金について確認していると、実況見分調書謄写にかかる時間を短縮することができます。

 

 

現場検証時の注意点

実況見分調書は、刑事裁判だけではなく示談交渉や民事裁判において重要な証拠になるものです。

 

実況見分調書は、交通事故現場の検証(実況見分)結果をもとに交通事故現場を管轄する警察職員により作成されます。

 

交通事故における加害者・被害者のどちらの立場となった場合であっても、警察によりおこなわれる実況見分には必ず立ち会うようにしてください。

 

実況見分に立ち会うとき、以下の点に注意が必要です。

  • 冷静に事故発生時の状況を思い出し、お互いの位置関係や速度などを警察官に正確に説明します。
  • 被害者と加害者との間で説明内容に食い違いが生じることがありますが、安易に妥協するのではなく、真実を実況見分調書に記載してもらえるよう説明します。

 

警察官に説明した内容が実況見分調書に正確に記載されているかどうか、後日忘れずに確認してください。

 

 

主張の食い違い

交通事故の発生状況について相手方の主張と食い違う場合、どうしたらいいのでしょうか?

 

このようなご質問をよくいただきます。

 

非日常的な交通事故の発生のため、冷静な判断ができなくなっている場合や交通事故が発生する瞬間の記憶がない場合など、交通事故当事者双方の意見が食い違うことはよくあります。

 

交通事故の発生状況について事故当事者双方の意見が違う場合、どうすれば良いのでしょうか。

 

まず第一に考えられるのは、交通事故現場を調査することです。

 

ただし、時間や日数の経過により事故現場の証拠が消滅していることが多く、時間が経過している場合の証拠保全方法として、あまりお勧めできません。

 

やはり、事故発生直後に警察官によりおこなわれた実況見分を記録した実況見分調書を確認することが一番確実な方法だと考えられます。

 

交通事故(人身事故)が発生すれば、その事故現場を管轄する警察署の警察職員によっておこなわれる実況見分では、事故現場で当事者の車両の位置関係や交通事故が発生した状況などを確認します。

 

交通事故の当事者双方に話を記録した供述調書および実況見分により得た情報をもとに交通事故現場見取図といわれる図面を作成し、実況見分調書に添付します。

 

この交通事故現場見取図、実況見分調書、供述調書を合わせたものが、刑事記録と呼ばれます。

 

例外的に警察による実況見分の際、当事者の一方が救急車で緊急搬送されていた場合や、理由もなく交通事故現場にいなかった場合など、交通事故現場に当事者全員が揃っていなかった場合、残る当事者の意見に基づき作成されることがあります。

 

そのため、全ての刑事が正確とはいえないこともありますが、原則として信頼できる資料といえます。

 

おわりに

以上、交通事故と実況見分調書の関係についてご紹介いたしました。

 

後遺障害等級認定申請を専門業務としているウェーブ行政書士事務所では、交通事故発生直後から後遺障害等級認定申請に至るまでの期間はもちろん、後遺障害等級認定申請後から交通事故の示談に至るまでの期間について、

 

提携する交通事故業務を専門的に取り扱う弁護士とともに、交通事故被害に遭われたみなさまが安心して治療に専念していただけるようサポートいたします。

 

交通事故に関する質問やご相談は、下記のお電話または神戸の交通事故被害者応援団のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

神戸の交通事故被害者応援団は、交通事故に関する無料相談を実施しています。お気軽にご連絡ください。

無料相談のご予約をいただいた場合、休日・営業時間外を問わず対応いたします。

お電話によるお問い合わせ

078-570-5625

無料相談受付 平日 9:00~18:00

 

交通事故についてご連絡ください

オーダーフォームはこちら

24時間以内にお返事いたします

 

神戸の交通事故被害者応援団

交通事故に遭うと慰謝料の請求や後遺障害認定に向けた手続きに加え事故車両の修理や廃車の手配等、被害者が行わなければならないことが多く、身体的・精神的な不安を抱いてしまうことがあります。

交通事故により被害を受けたみなさまが治療に専念できるよう、交通事故に関する煩わしい手続きを専門家が全力でサポートいたします。

 

兵庫県神戸市近郊で交通事故被害にお悩みの方、ご連絡お待ちしています。

 

神戸の交通事故被害者応援団の特徴

神戸の交通事故被害者応援団の6つの特徴 特徴①交通事故を専門に取り扱う行政書士が完全サポート すべてのお客さまに対し、「神戸の交通事故被害者応援団」の代表行政書士がご相談から手続終了まで、責任をもって完全サポートいたします。 特徴②お客さまにご指定いただいた場所に訪問いたします お客さまに訪問の手間を取らせません!お客さまのご自宅又はご指定の場所まで訪問いたします(兵庫県)。 特徴③相談・出張・見積が0円!ご相談に費用はかかりません ご相談・訪問・見積に費用は一切かかりません。ご相談内容・サービス内容・料金全てに納得いただけましたら、お申込みください。 特徴④明確でわかりやすい料金体系 必ずお申込前にサービス内容をご説明し、見積書をお渡しいたします。「トータルでいくら?」ではなく、個々のサービスについて料金を提示いたします。 特徴⑤お客さまに安心いただけるサービスをご提供 お客さまのために交通事故の業務を行う事務所ではなく、お客さまの立場で安心いただけるサービスを提供し、早期問題解決に向けお手伝いいたします。 特徴⑥弁護士事務所と提携して最後までしっかりサポート 業務提携先の交通事故に強い弁護士事務所と「神戸の交通事故被害者応援団」が事故直後の各調査から示談交渉までフルサポートいたします。

 

アクセス

神戸の交通事故被害者応援団 ウェーブ行政書士事務所

もしも交通事故に遭ってしまったら 神戸の交通事故救済応援団にお任せください 人身事故、物損事故、慰謝料請求、後遺障害申請、損害賠償請求、修理、廃車などを徹底サポート! 出張料・相談料 無料 受付時間 平日9時~18時 夜間・休日 対応可 078-570-5625 行政書士不在時は携帯電話へ転送されます

 

このページの先頭へ